松本工務店HOME > 松本工務店の家造りTOP > こだわり派の家造り

松本工務店の家造り

こだわり派の家造り

性能こだわり派とデザインこだわり派との間で、よく交わされる議論です。
でも、考えてみれば「性能」と「デザイン」は、どちらも家にとって大切なこと。
両方欲しいというのは、決して欲張りなことではありません。


それなのになぜ、どちらを選ぶかという議論が、しばしばなされるのでしょうか。
その理由は、デザイン性と性能の両方を兼ね備えた家を建てられる建築会社が、意外に少数だという事実にあります。
言ってみれば、建築会社に力がないために、お客様はどちらを重視しますか?という選択を迫られてしまっているのです。
松本工務店の家は昭和26年に誕生して以来、ずっと「デザイン」と「性能」、両面を追求してきました。
そのために、こだわってきたことが3つあります。


一つ、デザインは設計士がすること。

二つ、現場を管理する現場監督が、家づくりのすべてに精通していること。

三つ、優れた技術と品格を備えた職人を厳選すること。

3拍子揃って、はじめて家はおしゃれで、頑丈で、快適なものになる―。
それが松本工務店の家づくりの信念です。

どこを見られても、何を聞かれても、
私たちは胸を張ってお答えできる自信があります。
ぜひ、見学会に足を運んでいただき、あなたご自身の目で
私たちの家づくりを確かめていただきたいと思います

  • 関連資料:
  • 関連リンク先:
資料請求はお気軽に

このページTOP