松本工務店HOME > ダイアリーTOP > 愛犬家住宅 ~愛犬との暮らしを豊かにするために~

ダイアリー

愛犬家住宅 ~愛犬との暮らしを豊かにするために~

情報更新日[2016/02/26]

 【日本犬について】

 

最近TVの影響か、身の回りで日本犬の話題がちらほらありました。

でも、他にも犬種がいたような?なので、ちょっと調べてみました。

 

 

●国の天然記念物

 TVでお馴染みの『秋田犬』『甲斐犬』『紀州犬』『柴犬』『四国犬』『北海道犬』は

 1931年(昭和6年)から1937年(昭和12年)にかけて順次、文部省によって

 指定された国の天然記念物。現在はこの6種のみですが、かつて『越(こし)の犬』と

 云う種も指定されていたました。でも1971年(昭和46年)に純血種が絶えてしま

 ったそうです。

 尚、『柴犬』だけがその名に地域名を冠していませんが、これは中央高地を中心に本州

 各地で確認されていた為のようです。名前の由来の「柴」は「柴刈り」などの意味であ

 り、小ぶりな雑木から来ているとの事。ちなみに現在、最も多くいるのが信州柴犬だそ

 うで、びっくり!知りませんでした。(◦o◦;)

 この為信州原産種と誤解するヒト多いそうです。

 

●地犬(じいぬ)

 地犬とは、特定の地域のみに以前から生息する日本犬ですが、いずれも純血種及び個体

 は少ないそうです。

 長野県には以下の犬種が存在(かつて存在した)との事。

 

 ・川上犬・・・南佐久郡川上村に伝わり、ニホンオオカミの血が流れているという伝承

        がある。信州川上犬とも、川上狼犬ともいう。信州柴の一種。全国でも

        300頭前後しかいない。

        長野県の天然記念物に指定

 ・十石犬・・・南佐久郡佐久穂町と群馬県境にある十石峠付近にかつて生息していた。

        柴犬(赤犬)の一種とも見られている。

        昭和30年代に絶滅したと言われるが、その血筋を受け継ぐ犬が10頭

        ほどいる。

 

 ・保科犬、戸隠犬、梓山犬・・・すでに絶滅してしまったと見られる地犬。

        ただ、川上犬が昭和初期には梓山犬と呼ばれたこともあるそうですが、

        別の種がいたのかも?ですね。

 

 長野県の地犬は東北信に集中してますね。中南信に地犬って、あまり居なかったのでし

 ょうか???

 

 以前紹介したワンコのお仕事で、闘犬に参加する土佐闘犬も地犬かな?と思ったら、外

 来の犬種を元にしたり交配したりして作られた日本原産の犬種なんだそうです。

 

●特徴として

 ガマン強くて、キチンと躾をすれば飼い主さんに非常に忠実。でも他人からすれば、警

 戒心が強くなかなか馴染めない、逢う度吠えられるから距離を取りたい。そんな頑固者

 ですが、そこがカワイイんですよね。(^_^)v

 

  • 関連資料:
  • 関連リンク先:
資料請求はお気軽に

このページTOP